blogheader

祝日ですが、H印刷所の社長様から印刷機の御指南をいただきました。当社のベテラン職人さんがお休み中なので、急遽一から教えてもらうことになりました。

ローラーの洗浄と調整、インキの出し具合、くわえの調整などなど。知らないことばかりでした。「機械はウソつかんです」機械に話しかけながら、仕事をしてたいと思いました

Y様はお気に入りの名刺紙をお持ちでした。耳の付いている未晒しの和紙で、温かい色と風合いで、柔らかさに癒されます。

オフィシャルとプライベートの2種 。前者は堂々と後者は削って削ってシンプルに。余白が美しい  。  こんな名刺は今まで印刷したことがありません。デザイン力ですね。お見せできないのが残念です。

Y様のご活躍とご健闘をお祈りします。

ありがとうございました🎵

 

DSC 2314昔使っていた木版、ゴム版、凸版、写真版をディスプレイしました。木箱から出して、時々手にとって眺めていたものを創業130年を記念してひとつにまとめることにしました。

soga  formさんにお願いしました。とてもステキです。.1950年のメリークリスマス、たぶんその前の尋常小学校の修了書、彫刻刀の跡が見える謹賀新年、映画のチラシの写真版  どれもこれも宝物🎵先代たちが仕事をしてきた跡がここにありました。

両サイドには活字枠、工場にマッチしてとてもいいです。古いものが息を吹き替えしたように見えました。

曽我さまご夫妻ありがとうございました。励みになります。どうぞ皆様、遊びにおいでくださいませ。

DSC 2301印刷会社の社長さんが来られたので、恐る恐る試し刷りを見てもらいました。縦横折ったり、透かして確認されていました。「よくできています。合格です。」ホッとしました。あとは、インキの問題をクリアしないといけません。写真は印刷機のインキ壺。

DSC 2295印刷機に版を載せました。動かないように、しっかり固定します。大丈夫だろうかどきどき(初めての作業)グ~ンという機械の音

上下、左右、中心部の間隔、インキの濃淡 、 活字のつぶれ        調整するところはたくさんあり❗

丁寧に見直していこうと思います

御船町のG様のご注文の封筒は、未晒しの長3と角2の2サイズです。細かいところまで何回も打ち合わせ、校正をしてご希望通りの印刷が出来ました。御船町は恐竜の郷なので、🦖を入れました。大満足の笑顔でお帰りになりました。

G様、ありがとうございました。

DSC 2282今日の午後、熊本市のK様が活版印刷体験に来られました。

アイデア豊富で、私の方が今までこんなことやったことがない、できるかなと思ったくらいステキなデザインでした。

2時間たっぷり使って、組版と印刷まで楽しそうに体験されました。考えるのがとても楽しかった、満足ですと出来上がったカードをバッグに納められました。

3号斜線の活字を並べると、こんなにオシャレになるとは驚きでした❗ありがとうございました🎵

 

上天草市のK様の両面名刺を納品しました

紙は少し黄色がかった厚手の山桜トップ180で、重厚感があり、大きめの文字を配列しました。

K様に ふさわしい名刺に仕上がりました

御活躍をお祈りします。

DSC 2267

暖かくなりましたね。花も嬉しそうです。

DSC 2266

M様より活版印刷の味わい深い文字で俳句集を作りたいとご依頼がありました。130ページに及ぶ大作です。まだ作業の途中ですが、M様の夢の実現のお手伝いをしたいと思っています。